"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

微笑みの国の冬②

先日の記事にも書いたけど、ここ数日は本当に確実に涼しくて、日陰で数分じっとしていると寒く感じられるほどになってきました。夫はこちらで4回目の12月を迎えるのだけど、今年は今までと確実に違うと言っていました。

私はサマーセーターや七分袖ブラウス程度で過ごせるけど、寒さに慣れていない現地の人たちはユニクロのフリースやダウンを着込み、ストールを巻いています。

昨日の朝すれ違った女性は、茶色の膝丈のダウンコートを着込んでいて、ファスナーもスタンドカラーの部分までキッチリ上げててパッと見 真冬の格好。そこまで寒いか??とビックリしたところ、足元は裸足にビーチサンダルでした。「それじゃぁあったかくならないわよ〜〜」と思わず呟いちゃいました、心の中で呟いたつもりだけど、声が漏れてたかもしれません(笑)多分、「厚着して裸足にビーサン」は「微笑みの国あるある」の1つです。

 

そうそう、こちらにもユニクロは進出していて大きなデパート数カ所に出店。税金等々の事情から値段は約2倍。それでもジャパンクオリティは人気。ローカルな人たちは、tたいして寒くない…というかむしろ暑い日でも、一目でユニクロと分かりそうなフリースやダウンを着ています。こちらの国でもオシャレと我慢はセットなのかも。

 

f:id:newmoon0123:20171220135222j:image

微笑みの国の冬

あぁぁぁ…30分近くかけて書いた記事が消えました。しかも2度。ウンザリしながら同じ内容を再度入力しております、ウンザリするならやめりゃいいのに…と心の中で自分に悪態づきながら。

 

そんな訳で、今日これを入力するのは3回目ですが、「微笑みの国にも冬があります。今現在、冬であります。でも『冬』をどう定義するかによって、この状態を冬と呼ぶかどうかは判断が分かれるところです。」

 

微笑みの国に来て最初の年、「おぉ!確かに肌寒い!」と感じたのは3日だけでした。去年「今年の冬は寒くなるぞ!」という予報を見たのに「ダマされた!」と思った記憶があります。冬と言っても毎日汗をかくし、何なら湿度が低い分いつもより陽射しが強いんじゃないか…と思うくらい。

そして今年。今日寒いんですよ!7部袖のブラウス一枚では風が冷たくてヒンヤリする。そう言えば最近そういう日が増えてる気がする。朝イチだけじゃなくて昼間の時間帯も。今までこんなヒンヤリ感は年明けてからだった気がするから、今年は冬が早いのかも。暑いの苦手な私としてはウキウキです♡

ちなみに本日の気温はこんな感じ↓週間天気予報だと後半には30℃以上に戻りますね…

 f:id:newmoon0123:20171218181349p:image

「冬が早い」と言えば、微笑みの国では12月にヒマワリが満開を迎えますが、今年は地域によっては既に花が終わりかけてるんだとか。というか、「ヒマワリが満開を迎える気温」を「冬」と呼ぶのかい…って気もします、ハイ。

 

「冬」と呼ぶから暑いとガッカリするのであって「乾季」と呼べばいいのに。微笑みの国の季節は『12〜2月:冬→3〜5月:夏→6〜11月:雨季』 そしてまた冬。雨季が終わると全くと言っていいほど雨が降りません。

 

が、先週 2日連続で雨。そのうち1日は短時間でも強烈な豪雨で、あっという間に冠水しました↓ちょうど美容院の予約時間の直前で、こんな事になっちゃって。美容院はこの道を渡った所にあるので途方に暮れました。こんな水の中、絶対足入れたくないので、大急ぎで家に引き返し、ひざ丈の長ぐつで出直しましたとさ。

f:id:newmoon0123:20171218182224j:image

 

 

 

微笑みの国の「最低賃金」

語学学校の教材で微笑みの国のことを学ぶことが時々あります。そんな中で気になった事を、自分の備忘録も兼ねて少しずつシェアしていこうかと。

今日はこの国の「最低賃金」。語学学校の教材に書かれていた情報によるとその推移は以下の通り。

 

<最低賃金の推移(日当たり)>

〜2004 150B

2004〜 180B

2007    200B

2013    300B

2017    310B =ざっくり円換算で1日当たり¥950相当。

日本と比較しようとすると都道府県によって最低賃金が異なるのでちょっと難しい。授業を受けた当時に「授業中にスマホでザザッと調べた情報」によると、都道府県の中でも最低賃金が1番低い水準で計算すると、日本では1日当たり¥5,600程度。バーツ換算すると1,850B。約6倍。

…だからと言って、即「日本人金持ち〜〜」とはならないよね、物価レベルが全然違うから。 

 

この授業を受けたのと近い時期に「最低賃金500〜600Bへの引上げ要求を政府が却下」というニュースがありました(私の解釈が正しければ、だけど)。「最低賃金引上げ(しかも倍増!)=国民の生活が豊かになる」ように一瞬思うけど、賃金が上がる=国内生産する全ての物の原価が上がる=全ての物の販売価格が上がる=生活費も同じように上がるので一概に豊かになるとは言えない+「低い人件費」を理由にこの国に進出している企業にとってはメリットが低くなる→この国から撤退して別の国に工場や事務所を移転する→多数の失業者が出る…訳で。

この国の大きな収入源の1つは外国人観光客+生活費が低いのでセカンドライフを送りに移住してくる外国人。駐在者+その家族もそうだね。最低賃金が2倍になるとソレも危うくなる。企業が移転すれば駐在者も居なくなるし、リタイヤして移住してきた外国人ももっとコストが抑えられる国に引っ越すでしょう。

 

一方で授業の中で先生が言っていたのは「この国の人は派手好き、豪華にするのが好き、借金してでも」とのこと…とそっちに話を広げるといつもの様にまとまらなくなるので今日はこの辺で。

 

この授業を受けながら、微笑みの国の低所得層の皆さんがハッピーになるにはどーすりゃいいんだ…と頭を抱えた私でした。日本の政治経済すらまともに理解してない私が、その場で解決策をパッと思いつけるくらいなら、とっくにこの国の賢い人たちが解決出来てるわ!って怒られそうですな、ごめんなさい。おしまい。

 

仏様、なんとかしてあげてください。

f:id:newmoon0123:20171212172900j:image

Facebookとブログ、または内面的な話

私のSNS参加状況(?)はFacebook、このブログ、あと閲覧専門のTwitter。7年くらい前は呟いてたけど、FacebookとTwitterを併用&使い分ける理由…いや、必要性がなかったので、今はフォロー専門。

Instagramも一時期トライしたけど、同じ理由で、あと「知り合いじゃない?」的なオススメの中に、見ない方が良いものを見かけた気がしてアカウントを削除した。Facebook上で「あなたの友達、あの人もこの人もインスタやってますよ」という表示が出るのが、アカウント削除までした身としては 非常に目障りな今日この頃。

 

で、Facebookとブログの併用をしているのには幾つか理由がある。子供の頃から母の指示で日記を書いていたので、日記的な事を書くことが生活の一部になっている。Facebook以前、「ブログ」という言葉が定着する前から日記的な機能を無料で提供してくれるサイトを利用していた。その後 ブログとFacebookを併用してきたけれど、仕事がどんどん忙しくなり「ブログを書く」という行為が生活の中からフェイドアウトしていった。

現在。専業主婦になり時間と脳内に余裕ができ、アレコレ考えるようになり、ブログ再開に至った。「コレはFacebookに書く内容じゃないな」と思う内容があるから。ノートやPCみたいな、一番身近な誰かに見られる可能性がある形より、こっちの形の方が都合がいいから。

なぜか分からないけど、私には「ブログには書くけど、Facebookには書かないこと」がある。ソレは結構「内面的なこと」で、「普段付き合いのある友達には言わないこと」だ。なぜだか そういう話は 話す相手を選んでしまう…というか、リアルな友達にこういう話は滅多にしない。悩み事は話す相手が限られる、笑顔になる話や楽しい話だけでいい、重い話は聞かせたくない、自己啓発系の話は人とシェアするものでもない気がする(ブログには書くくせに 笑)……どこかで「そういう自分は恥ずかしい、見せられない」って思ってるってことなのかな。

 

…あれ?何が書きたかったんだっけ??ま、いっか。だけど、皆さんはどうしてるのかな、リアルな仲間と熱く語り合ったりしてるのかな、とちょっと気になりました。ちゃんちゃん。

f:id:newmoon0123:20171209225134j:image

時間が経つのが速くって。

先週の金曜日に「この充実感はなんだろ〜、自分と向き合ってみよ〜」なんて記事を書いてからあっという間に1週間が経とうとしている。今週めっちゃ速い。そう感じる要因は、微笑みの国は火曜日が祝日だったのと、毎日長時間かかる用事が何かしらあったから。そして運動をサボってる&勉強が思うように進まないという罪悪感があるから。

 

「外出して人に会う、たくさん笑う、楽しい時間を過ごす」事が充実感を感じる要因の1つだと思っていたけど、私の場合少し違うのかも。先週人に会ったのは1件だけ。今週は4件、人数も多い、長い時間人に会っていたし、たくさん笑った。でもなんだろう、この「ちょっと違うんだよなぁ」感。

 

私には「両方」同じように大切なのかもしれない。1つに偏ってもう1つが出来ていない状態は居心地が悪いのかも。「今自分がやりたい事」も 人に会う約束と同じレベルで「1つの大切な最優先の用事」として大事に扱ってあげたら良いのかも。やりたい事に応じて必要な時間を確保してしまおう。

 

あとは、一時的な怠け心でサボってしまうと、その瞬間は良くてもあとあとモヤっとする。それをはっきり感じた今週でした。運動とか、二度寝とか。その瞬間は良くてもサボった事で更にモヤっとしたりだるくなったり。そんな怠け心からは今日で卒業するぞー!オォー!

 

後は、出来ればもう少し起きていたい(笑)元来超夜型の私。結婚後 「早寝・普通起き」な主人に合わせるようになって、早寝自体は健康に良いはずだけど、例えば深夜0時や1時に寝る人に比べたら1日あたり2時間程度活動時間が短い。今週 少しずつ就寝時間を遅くしているけれど、私としたことが、もうあまり起きていられない(笑)残る手段は早起きですな。朝活ですな。トライしてみます。

ガネーシャ様 私を朝型人間にして下さい!

f:id:newmoon0123:20171207193814j:image

この充実感は何か?

今日は珍しく1日の終わりに「今日は充実してた!」と感じた日になった。

というのは、前回「おぉぉ、今日は充実していた!」って自然に感じた日がいつだったのか思い出せない。こんな感覚、もしかしたら何年振り、何十年振り、もしや人生初?!いつも真逆で「もっと充実感のある日々を送りたい!」とアレコレ試したりしていた。To Do List的なモノ作って、全部出来たら充実感を味わえるか試したり、キツキツなタスクを組んでみたり。それが達成出来た日でも今日みたいな自然な嬉しさは感じた事ない気がするなぁ。

 

だから、今日の充実感の正体を探れば、私ってどんな事に充実感や幸せを感じるのか分かるかもしれない。なのでこの記事で向き合ってみようと思う。今日は何をしたかと言うと…

夫の仕事の都合で普段より1時間早起き。夫の出勤を見送ってから公園でウォーキング。距離や時間はいつもと同じ。帰宅してシャワーを浴びながら洗濯、昨晩のドラマを観ながら洗濯を干して、身支度して。

友達と会う約束をしていたので、待合せより1時間ちょっと早く家を出てクリーニング店に服を出しに行き、待合せまで近くのスタバで45分間勉強。友達と会ってランチ。いつも複数人で会ってたけど今日は2人でじっくり話が出来た。ランチの場所は普段の生活エリアからちょっと足を伸ばした場所だった。その後 習い事の出来上がり品を受け取りに行き、いつもの図書館で勉強の続き。夫が夕飯不要のため、19時過ぎまで約4時間。

帰宅して、昨日から計画していた初めての料理にトライ(と言ってもとても簡単なモノ)、で少し遅めの1人ご飯。そして今。

 

私の充実感ポイントは…

①公園ウォーキング今日で5日連続!という嬉しさ

②待合せの前に「クリーニング店に行く&勉強をする」事が出来たっていう時間に余裕がある感じ

③友達と2人でじっくり話せて、またちょっと仲良くなれた感(まだ知り合って日が浅いけど感覚が似てて仲良くなれそうって思っていた相手なので)

④勉強がなんだか楽しかった

⑤勉強、区切りの良い所までできた

⑥予定通り料理にトライできた

⑦1人ご飯でもちゃんと料理した

 

時間的には⑤の時点=図書館を出て帰路についた時点で「今日充実してたわ〜」と思ったんだよね。それでなんか嬉しくなって、ちょっと遅くなっちゃったけど料理にトライ出来た感じ。普段は1人ご飯だと適当に済ませてその分の時間を他の事に充てているから、「そんな私が今日はちゃんと料理した!」という驚き(笑)

 

もうちょっと掘り下げる方が良い気がするけど、とりあえず食器洗いとか他のことを済ませてしまおう。

 

常夏のこの国でも、今年もサンタさんが現れ始めました🎅暑そうだわぁw トナカイさんは暑さに弱いのでバイクで🛵🛵🛵

f:id:newmoon0123:20171201232614j:image

何度目かの決意

先月の健康診断で肝臓の「フォアグラ化」が判明。微笑みの国暮らしの先輩たちから「全ての数値が悪化するからね!」と脅されていた通りになってしまいました。

「運動すれば改善する」とのことなので、ずっとサボっていた公園通いを再開。本当は今までのように身体を動かしたいけど、7月以来サボっていたのでまずはリハビリ期間と思ってウォーキング(と時々ジョギング)をしています。

初日に張り切りすぎてひどい筋肉痛。両足のスネ横となぜか腰&ワキ腹。重くなった上半身を直立の姿勢で支えるのが大変だったのかしら、アハハハハハ あ〜〜ぁ。

 

筋肉痛でえっちらおっちら歩いていると色んな人に抜かれます。歩く人、走る人、老若男女人種も様々。明らかに私より年上…というか年配の、ほぼ全面的に白髪な感じの人も軽やかに走っているのです。あぁ、自分が情けない。。。

 

まずは体重を落としてもう少し軽やかに動けるようになろう。痩せることが目的ではなくて、なんというか「始末の良い身体」でありたい、「長生き願望」はないけど足腰は丈夫でいたい。

経験上、自分の体なのに把握できない・どうにもできない事って意外と多いと思う。呼吸や体重管理、食べる物に気をつける事は数少ない「自分の身体のために出来ること」だと思う。

 

「痩せよう、運動しよう」なんて今まで何度心に決めて何度挫折したかわからない。まぁ、それでいい。何度でも取り組めばいいってことにしよう。

微笑みの国を去る時 どんな身体でありたいかをちゃんと描いてそれに向かって進んでいこう。グレイヘアをなびかせて軽やかに走る女性の後ろ姿を見てそう思った朝でした。

 f:id:newmoon0123:20171130153546j:image

 …運動は思うように時間が取れない時期も来るから、太りにくい食生活や太りにくい食事量を自分のものにする事が必要だよなぁ…