"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

まて。

昨日の背中を押されている件。

昼間の勢いに乗って、夫に昨晩その話をしようと思った…けど出来なかった。夫は今日から3日間 普段より1時間早く出社せねばならず、そのことで頭がいっぱい…というか、それが終わる金曜の夜、「ごほうび外食」でどこに行こうかな〜とフリーペーパーを一生懸命見ていた。

夫は多分私より繊細。以前 大事な日に寝坊した事がトラウマになってるらしく、「明日 朝ちゃんと起きなきゃ」と思うと夜中何度も目がさめるのだと言う。

私に言わせると夫の「夜中に何度も目がさめる」のは日常茶飯事で、ほぼ毎日 「昨晩は何時頃と何時頃に目が覚めた」と報告してくれる。←聞き飽きているけど、一応聞き流す。「そーゆー風に気にするから余計起きちゃうんじゃない?」と思うけど、そこは言わない。

重いタイプの話なので、このタイミングでこの話をしたら、夫は眠れなくなるかも…夜中何度も目が覚めちゃうかも…と思い、昨晩は話すのをやめた。私の中では よくあるパターン。

 

いや、本当は違うんだよな、と思う。

「夫はそんな器の小さい人間ではない、ちゃんと受け止めてくれる。だから どんなタイミングでも話して大丈夫、心配ない。」そう思えたらいい。夫のことを、夫のキャパを信じたらいい。

だけど「この人はこのタイミングでこういう話はムリな人」と私が勝手に決めつけてきた、過保護なお母さんみたいに。そういう夫像を自分で作り上げてきた、多分。そういう夫にしてしまった。自分が話しやすいタイミングまで先送りする言い訳の一つとして。夫に面倒臭そうな顔をされないよう、自己防衛策として。「相手の体制が整うまで待ってあげる」的な上から目線で。

 

う…内容がどんどん重くなってきた。でもまぁ、私も寝坊はしたくないので、金曜の夜 一緒に美味しいものを食べてリラックスした時点で話してみようと思います。それまでは、待て🐶

 

 

夫と一緒にいつもより早起きしたら、今とても眠い。顔が半分 溶けて崩れてるんじゃないかと思う…