"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

お、ねだん以上

昨日の記事が長文だったので、二つに分けようと作業していたら、記事が消えた。なう高速で再入力…する気力が残っていないなぁ、どーしてこーなる…でも、がんばる。これくらいの気持ちで語学の勉強も頑張りなよ、わたし。

 

今の住まいは入居した当時、レースのカーテンが無かった。分厚い遮光カーテンか全開の二者択一。直射日光に耐えかね、色々工夫をしてきた。

ここに来たばかりの頃、まだお店もほとんど知らない時期。吸盤と突っ張り棒と柄物のシャワーカーテンで即席の目隠し。でも暑い、眩しい、長さも足りない、日に焼ける、エアコンの効きも悪い。あまり家に居たくないとすら思った。更に、吸盤は驚くべき速さで劣化し、1日に複数回落ちるようになる。不快指数は上がるばかり。

何度目かの一時帰国の時に、意を決してニトリでUV機能&遮像付きのレースのカーテンを買って持って来た。重かったけど、他のものを断念したけど仕方ない。…けど、寸法が短く、カーテンがない部分から床に直射日光が射し込む。その床からの照り返しが目を襲う。寸法の選択を誤った自己嫌悪も重なって不快指数 更にアップ。でも仮住まいだし…と暫く我慢してきた。吸盤には業を煮やし、長〜いS字フックに交換。これは正解。

 

で、今回。またニトリさんに足を運び、「遮熱機能」という文字に目が止まる。そーよ!遮熱よ!遮像なんて必要なかったんだわ、東南アジアの国で自分が快適に過ごすために必要なのは遮熱だったのよ!

そんな訳で、ようやく我が家が快適になりました。その変化は劇的です!眩しくない、照り返しが眼を刺さない、暑くない、も〜ご機嫌。これこそ「お値段以上」!

たとえ仮住まいでも毎日のことだし、そこをケチってご機嫌ナナメで過ごすのは本末転倒だったと気づいた出来事でした。

f:id:newmoon0123:20170824114014j:image

 

よし!書き終えた!今度こそ消えないでね!