"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

【追記あり】やるせない。

昨晩 夫に一つ提案をした。

「これから月に一度は、私が行きたいトコロに行くっていうのはどう?"行きたいトコロ"っていうのはご飯屋さんかもしれないし、カフェかもしれないし、買い物や日帰りの遠出かもしれないけど…」

 

夫: 無言で首を傾げて……おしまい。

 

私:「ダメ?」

夫:無言

私:「ダメですか……」

 

終了。

 

この提案の裏にある、私の気持ち= たまには私が一緒に行きたいと思うお店に行こうよ。

 

微笑みの国に住んでいて、夫は外食好きなので2人で外食する頻度は高い。ただ、基本全て和食(含 焼肉)、しかも夫の好みに合うお店。

外食の都度「どこに行きましょう?」と聞いてはくれる。なので提案する。本当に食べたいものや行きたいお店も言うけど、その辺は決まって無言でスルーされ、「で、どこにしましょう?」と更に聞かれる。そこで夫の好みに合うお店を言う。何を行ったところで、最終的に決めるのは夫。だったら聞かないで!と何度思ったことか。

 

コレは日本に居た時から同じパターン。十年以上繰り返されてきたパターン。だから今回のリアクションも、まあ、予想通り。

日本に居てもそうだったし、まして海外に来たら勝手の分からないお店も多い。英語や現地語のメニューしかないお店もモチロンある。そういうお店に入った場合、「食べ物に関しては超保守的、英語NG、現地語の読み書きNG」の夫にとっては、苦痛かもしれない。

 

まだ私が現地語を一切喋らなかった時、私より半年早く海外赴任していた夫が通訳的な事をしてくれた。英語の時はいつも、私が夫に英語を通訳していた。その立場が逆転したコトを「なんかイイね、気持ちいいね、こういうの!」と目を輝かせて喜んでいた。私が英語を通訳することが夫には居心地悪かったんだと その時初めて気付いた。

 

だから、夫の気持ちは少しはわかる。だけど……そしたら、私の希望はどうなるの?私は夫の行きたいところに一緒に行くけど、私が夫と一緒に行きたい所は 行けないままなの?

 

このコトを考えるのは初めてではない。前も提案して撃沈した。忘れることにしていた欲求がまた出て来ちゃっただけ。でも改めて考えるとすごく虚しい。夫は私が何をしたいか、何を食べたいか、どんな事に興味があるか、という事にもう全く関心がないという事なのかしら。

 

ちょっと実験。当面、どこ行きたいか聞かれたら、本当に行きたいお店だけを言おう。私からは譲歩した提案はしない。

-----------------

【追記】

毎週金曜の夜は外食なので、早速やってみた。

昨日の今日だからか、旦那も行ったことあるお店だからか、すんなり受け入れて貰えました。嬉しかった。