"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

日本人の行動の基準とは?

現在「微笑みの国」に住んでいます。周囲は日本人も多いけど、現地人や他の国の人ももちろん多い。

 

現地人と日本人の意識の違いは非常に大きく、驚くことシバシバ。この国は日本よりも仏教の影響が大きく皆 信心深い。仏教以外にも精霊、他の神様、更に王族 特に昨年亡くなったラマ9世への敬意は素晴らしく、その姿は眼を見張るモノがある。

ラマ9世が亡くなった後の悲しみの深さは言葉がなくても伝わってきたし、国をあげて服喪しているし、王宮周辺でのボランティア活動には尊敬すら感じた。

仏教的には「タンブン」という「徳を積む」行いが日常の一部。精霊への敬意という点では祠へのお供え物は毎日山積み。祠を見つけると遠くからでも手を合わせて拝んでいる。そうするよう、親から言われて育ったとのこと。

 

けれど。その一方で。それだけ強い信仰心を持ちながら、仏教の禁止事項は無視したりする。お寺の敷地内 隅の方はゴミ…というか廃棄物が放置されていたりする。交通ルールを守るのがバカバカしく思えるほどの交通マナーだったりする。なぜなんだろう…?

 

この国のそういう点に「なぜ?」と興味を持つと同時に、じゃあ日本人の場合はどうなんだろ?と思う。

仏教や神道は日本人の生活の一部とも言えるけど、私自身の感覚では 個人差はあるにしても、宗教が 日本人の日々の行動の基準、善悪の判断基準になっているとは考えにくい。

 

きちんと片付けること、赤信号では止まること、バイクで歩道を走らないこと、バイクで道を逆走しないこと、時間を守ること、飲食店にその店の商品以外のモノを持ち込まないこと…

ルールを守るとか、マナーとかエチケットとか。こういう感覚は 一体どこから来ているのだろう?

 

日本人はキチンとしている、ルールを守っている、というのが、世界の人達の一般的な印象。語学学校でも時々そういう話になる。でも日本人全員がそうではないし、会社ぐるみ 組織ぐるみのルール違反があるのも事実。私自身もルールを破ることは少なくない。少々 心苦しい(^^;;

 

 

 f:id:newmoon0123:20171018190237j:image