"I" only live once.

🍀人生一度きり。思う事あれこれ。コメント頂けると喜びます🍀

英語が母国語っていうメリット ②

先日 ブログのアクセス数が急に伸びてちょっとビックリ。多分この記事のタイトルのせいかな?

 

多分タイトルから予想した内容とは違ってただろうなぁと思い、改めて考えてみることにした。今の自分の立場から、思いつく範囲で。

  •  外国語の習得において

英語はラテン語から派生した言語の1つ。なので同じルーツを持つフランス語、スペイン語、イタリア語等々と共通点がたくさんある。だから そういう言語を習う時には、ハードルが低めになるかも。

微笑みの国の言葉も英語と語順は似ているので、英語を知っていると勉強する上でアドバンテージがある(と私は思う)。

…ただ、コレは別の言語でも言えること。日本語が母国語だと漢字をたくさん知ってるから、中国語を学ぶ時に多少アドバンテージがあるのと同じ…かな。

 

  • 英語だけが持つメリット

…となると、例えば国際会議等では「英語が公用語」である場合が多いこと。そうするとすべてのコミュニケーションにおいて、英語が母国語だと苦労が減る。メールを書く、プレゼンを作る、配布資料を作る、などなどなど。

あと、どの国に行っても大抵通じる事。通じなかったり、英語に好意的でない国もあるけど、まあまあなんとかなる。

「英語を外国語として勉強する必要がない」というのは、かなり大きなメリットだと思う。

 

「◯◯翻訳の機能を使えば…」と言う人もいるけど、私見では日本語から他言語に訳す場合の精度はかなり低い。正直使わない方がいいと思う。少なくとも私は使わない。

 

 

…まとまらなくなってきたので、今日はこの辺で(笑)

 

最近のお気に入り、スタバの青いエッグサンド。日本にもあるのかな?

f:id:newmoon0123:20171102184807j:image